« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

デジカメが苦手です

ハナナちゃん デジカメが苦手なハナちゃん。6枚撮ってきれいに撮れたのが1枚だけ。
 あまり追いかけるのもかわいそうなのでこれでおしまい。


| | コメント (0)
|

めめちゅんの爪

めめちゅん めめちゅんの爪、相変わらず長いですね。掴むとパニックを起こすため、もう数年切っていません。

 この長さを覚えておいてくださいませ。

| | コメント (0)
|

文鳥カレンダー 2012

20110928_calendar 誠文堂新光社から「文鳥カレンダー2012」が発売されました。
 写真は数々の文鳥本でおなじみ伊藤さんによるもの。これを書いてる時点でAmazonさんには写真が載ってないのが惜しいところです。

 文鳥好きな方はぜひ書店などでお手にとってご覧ください。売れたら2013年版も作られるのかな?どうかな?

 わたしのお気に入りは3月のちょいモッサリした白文鳥さんです。

文鳥カレンダー 2012文鳥カレンダー 2012

誠文堂新光社 2011-09
売り上げランキング : 28380

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0)
|

丸いめめちゅん

めめちゅん コンパクトデジカメで写真を撮らせてくれるのはめめちゅんとロクさんだけ。ももさんは怖がって逃げるし、ハナちゃんも苦手なようです。

 ミミさんがあちらへ行ってからちょうど二週間。色々堪えてます。('A`)ヴァー


| | コメント (2)
|

懐くめめちゅん

めめちゅん ミミオさんがいなくなってから、めめちゅんが甘えん坊になったような気がします。No.1に昇格(?)したからでしょうかね。めめちゅんなりにミミさんに遠慮していたのかもしれません。
 そういえばミミさんもトトさんに遠慮していたなぁ…。

 ペット霊園からミミオさん納骨のお知らせが来ました。とりあえず一段落。

 ミミさんの名前を呼んでももちろん返事はありません。
 今いる文鳥たちはなるべくたくさん名前を呼ぼうと思いました。

| | コメント (5)
|

ミミオさんとお別れ

薬の袋 昨日無事にミミオさんとお別れしてきました。トトさんと同じ霊園なので、まぁ寂しくはないでしょう。

 帰宅すると文鳥たちがミミさんを探して呼び鳴きしていました。文鳥は群れで行動する鳥なので、周りに何羽いるか把握していると聞いたことがあります。

 放鳥時には空の竹かごをめめちゅんが覗いていました。

 昨日までは気が張っていましたが今日はすっかり不抜けております。ミミオさんのいない今後の人生をどう生きるかが課題です。

 あ。動物病院に予約キャンセルの電話をしないといけないのだけど、すごく気が重いなー。

|
|

ミミオさん

ミミオさん ミミオさんが落鳥しました。
 布をかぶせた後だったので正確な時間は分からないのですが、21時〜22時の間くらいだと思います。
 夕方に撮った、この眠っている姿が最後の写真となりました。

 2001年5月10日にお迎えして、それからずっと良いパートナーとしてそばに居てくれました。
 ミミさんがいなかったら、今わたしはこうして普通に暮らしていなかったと思います。ミミさんはとてもつらかった時を今は亡きトトコさん、そしてまだヒナだっためめちゅんと一緒に支えてくれました。

 今頃トトさんと一緒にいることでしょう。

 コメントは受け付けない設定にさせていただきます。
 ミミさんと、そしてすべての文鳥たちのために、ほんの少し祈っていただければ幸いです。

|
|

めめちゅんのしっぽ

めめちゅん めめちゅんのしっぽの写真は前に掲載したかな。とりあえずもう一度。
 すっかり真っ白になりました。なぜこうなったかは謎です。

ミミオさん ずっとうずくまっていた後、おもむろにエサを食べ始めたミミさん。お薬も飲みました。
 あまり覗くと寄って来ようとするので(なんといういじらしさ!)、布をかけてミミさんからはあまりこちらが見えないようにしています。

 ちなみに強制給仕はしないでおこうと思っています。強制給仕で失敗した例などもちらっと聞いた事がありますし(表になっていないだけでけっこうありそうな気がする)、それをやるなら昨日入院させてるよね、って感じです。

 そう長くはないような気もしているのですが、杞憂であることを願うばかりです。
 こういう時に飼い主にできることは少ないですね。

| | コメント (4)
|

ミミさん病院へ

ミミオさん 昨日からミミさんの様子がおかしかったので病院へ行ってきました。

 ずっと寝てるのはいつものことなんですが、何度も飲み込む動作をしているのでそのうに炎症でもあるのかなぁと。

 検査してみたらそのう自体に異常はなかったですが、体の抵抗力が弱って唾液がねばねばになってました。

 そして前回の健康診断で指摘された肝臓。こちらがだいぶ大きくなっていました。8月に一度ひっくり返してお腹を見たのですが、その時はそんなに目立っていなかったので油断してましたよ。
 今度投薬する時は強心剤と一緒に肝臓の薬も与えようなんて話をしていたので、その通りになったという感じです。10月くらいまで投薬せずにいけるかなと淡い期待をしていましたが…。

 ミミさんはご高齢なので入院はせずに自宅療養が良いでしょうと言われ、わたしも入院させる気はなかったので同意。この辺りはお医者と意見が合うのが幸いしております。

 で、帰宅してミミさんの水にさっそくお薬を入れましたが、一口飲んですごくまずそうな顔をしていました。その後もう一度飲んでいるのを確認したので大丈夫でしょう。
 薬の入った水を全く飲まない鳥もいるそうですが、ミミさんは嫌々ながらも飲んでくれるので助かります。

 写真は昨日のミミさん。右足が弱っているので菜差しにもたれてます。

| | コメント (2)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »