« 雷ゴロゴロ | トップページ | めめちゅん察知する »

高橋留美子展

高橋留美子展チケット 松屋銀座で開催中の「高橋留美子展」に行ってきました。
 わたしが少年サンデーを読むきっかけになったのが『うる星やつら』だったので懐かしいです。
 最近は小学館が原画を無くして訴訟を起こされたことが話題になってますが、さすがに高橋留美子の原画は無くせないですよねぇ。

 会場に入ったところからオリジナルのムービーが流れていて「さすが高橋留美子」と思わされました。人がたまっていたのであまりきちんと観ませんでしたが。

 最初は『うる星やつら』のコーナー。カラー原画きれいでしたよ。しかしまぁ細かい。ポスター原画なんかはほぼ原寸に近いのですが、キャラが持っている小物なんかもすごく細かく描かれてます。
 最終回の原稿もあって懐かしかったです。
 『めぞん一刻』のコーナーでは総一郎さんの犬小屋(総一郎さんは不在)と管理人室のセットがありました。
 何点か色つきの紙にイラストを描いているのが面白かったです。結局その後はそういう試みはやめてしまったようですが。

 改めて原画を観ていると、『らんま』の時の絵柄って『うる星』の時と比べると可愛らしくなってるんですよね。作品に合わせて多少は変えているのでしょうか。『犬夜叉』もまた違う感じですし(さすがに犬夜叉はこの前終わったばかりなので記憶に新しいです)。
 あと短編のコーナーが懐かしかったです。『炎トリッパー』とか『笑う標的』とか。『笑う標的』は怖いので機会があれば読んでみてください(『るーみっくわーるど』に収録されてます)。

 さてさてわたしがこの展覧会へ行った裏目的は久米田康治が描いたラムちゃんを観る事です。新装版の企画で巻末に色んな漫画家さんが描いたラムちゃんのイラストとコメントが載ってるのですが、その原画の展示でした(単行本にはモノクロで掲載)。

 久米田氏のラムちゃんはミニスカからトラジマビキニがチラッと見えるという萌え絵(本人曰く)になってました。やっぱり久米田先生の描く女の子は可愛いですね。
 そしてわたしの目が釘付けになったのは皆川亮二の描いたラムちゃん!ミナガーが露出の多い女の子を描くその衝撃(笑)。でも可愛かったです。複製原画があったら欲しかったなー。
 サンデーゆかりの作家ではあだち充、かずひろ先生、椎名高志、細野不二彦、青山剛昌などなどがいました。

 『犬夜叉』と『らんま』の上映(1日ごとに交代)もやってたけどこれも人だかりがしていたので観ませんでした。

 この展覧会は他の地域も巡回するようなので興味のある方はぜひどうぞ。マニアでなくても楽しめると思います。

|
|

« 雷ゴロゴロ | トップページ | めめちゅん察知する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雷ゴロゴロ | トップページ | めめちゅん察知する »