« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

無理な水浴び

ミミオさん お腹を掻こうとしているミミオさん。

2007_0731_2 めめちゅんがこの小さな容器で無理矢理水浴びを始めてしまいました(お薬入り)。仕方が無いので水浴び容器を入れて水浴びしてもらいましたよ。よほど浴びたかったのね〜。

| | コメント (0)
|

丸いももさん

ももさん 丸いお腹の下からちょろっと出ている足がかわいいですv

| | コメント (0)
|

文鳥さんブレスレット

文鳥さんブレスレットグリーン 使用天然石:ガーデンクォーツ、ラリマー、フローライト、アマゾナイト

文鳥さんブレスレットピンク 使用天然石:ロードクロサイト、淡水パール、フローライト、水晶

| | コメント (2)
|

のぞきこむ

ミミオさん パソコンを覗き込むミミオさん。
「これってそんなに面白いのかしら?」

| | コメント (3)
|

カキカキ

ももさん カキカキするももさん。わたしはこのモノマネができます。かなりのまぬけづらです。

2007_0727_3 なかなか正面顔を撮らせてくれないミミさん。ちょっとピンぼけですが、観音様のように柔和な表情でいらっしゃいます。

| | コメント (0)
|

風に吹かれて

ももさん 風に髪(?)をなびかせているももさん。
 いや、ほんとは風なんか吹いてないんですが。

 今日は3mほど離れて文鳥さんたちを眺めてみました。離れて見てもかわいい!!(脳がやられていることは充分承知しております)

桜文鳥イラスト お客様からの振込用紙に描かれていたイラストが可愛かったので掲載。

| | コメント (2)
|

写ってるかしら?

ミミオさん「ちゃんときれいに写ってるかしら?」
 ええ、大変美しゅうございますよ。

| | コメント (0)
|

元気でちゅん

めめちゅん「めめちゅんです。がんばってお薬飲んでるでちゅん。」

ロクもも ももさんに一生懸命求愛しているロクさん。ロックな感じ。

| | コメント (2)
|

ちょっと心配

ロクもも 夜になってめめちゅんのプチプチ音が昨日より少し増えました。ちょっと心配だなー。

| | コメント (2)
|

羽繕い

ミミさん 羽繕いをするミミさん。

 そういえばかかりつけの獣医さんはブンさんの羽をチェックする時に「失礼します」と言ってぴらっと広げます。なかなか微笑ましいです。

| | コメント (0)
|

いつもの求愛

ロクもも この求愛風景も見慣れたものになってきました。オス同士ですが、仲が良ければそれはそれで…。

| | コメント (2)
|

ミミおにぎり

ミミオさん おにぎり型になっているミミオさん。指の上でこうしてまったりしてくれるとほのぼのしてしまいます。そして「ミミさん素敵ねー」と言わずにはいられないのです。
 お腹のほわほわの羽毛が柔らかくていいんですよー。

| | コメント (0)
|

めめちゅん通院日

めめさん
 素敵文鳥めめちゅんの通院日でした。

 「こんちはー」と診察室に入ると先生といつもの助手(?)の兄さんから「こんにちは」と返って来たのですが、あの兄さんから挨拶が返って来たのは初めてかも。

 めめちゅんは移動のときにとても暴れてプラケースの蓋にぶつけたので、くちばしが血に染まってました…。めめちゅーん(涙)。
 先生に「シナモンがパニックになっているところを見たのは初めてかもしれない」と言われ(シナモンは来院数が少ないらしいです。個体数が少ないから?)、「はじめてだってよめめさん」と褒めてみました。あまりありがたい状況ではないですけど。
 「上にぶつからないように網を張った方がいいですねー」と言われましたが、網を張ったらどうやって出入りさせればいいんだろう…。うーん??

 めめちゅんの様子はと言えば、少し良くなって来ているのですがまだ不安定な感じですよ(結局まだプチプチは治まってませんでした)。今回は2週間の様子見です。
 「急に悪くなるってことはないですよね」と聞くと「突然死ってことはありますね」とのお答え。まぁ、健康な人間だっていつ死ぬか分からないですからね。希望を持って日々明るく暮らしていきますよ。

 家に帰ってから久しぶりにめめちゅんを5分くらい放鳥しました。ずっと手の上にいるからおとなしいものです。
 早く完治しますように。

| | コメント (0)
|

ミニひょうたん

ももさん ひょうたん型ももさん。

 メール広告を流し読みしていたら「文鳥」の文字を見つけました。おおっ!と思ってよく見たら「礼文島」でした。脳の深いところがやられてます。

| | コメント (0)
|

間違いなく可愛い

ミミオさん
 いつも可愛い文鳥さんたちも、たまに油断して可愛くない時があるかもしれないと思いチラ見してみたりするのですが、間違いなく可愛いです。

| | コメント (2)
|

よくなってきました

めめちゅん 平常時のプチプチという音がなくなりました。良かったですね、めめちゅんv

| | コメント (2)
|

懐くミミさん

ミミロク  ミルクティーとスコーンをいただきながら、文鳥さん達を愛でる…。久しぶりにゆったりとした時間を過ごせました。

 放鳥時にはミミさんがとても懐いてくれていましたよ♪

ロクもも ロクさんは相変わらず、ミミさんとももさんに愛想を振りまいてますよ(汗)。

| | コメント (0)
|

朝寝

ミミオさん 朝食後に眠るミミさん。

| | コメント (0)
|

めめちゅん通院&ミミさん健康診断

ロクもも ミミめめさんを連れて動物病院へ行きました〜。

 めめちゅんはまだ治っておらず、薬を少し強くすることになりました(前回のは様子見で弱い薬だったので)。これでよくなってくれるといいですね。

 ミミさんは至って健康!よかったです。
 先生によると18歳まで生きた文鳥さんがいるそうなので、そこまでいかずとも元気で長生きしてほしいです。「元気で」はけっこうポイント。

 疲れていたせいか、つい文鳥の可愛さについて語ってしまい、先生に「文鳥中毒ですね」と言われてしまいました。動物好きが高じて獣医になった人からそんなことを言われようとは(苦笑)。まぁ何より大切ですけどね、文鳥さん達は。

 でも病院に来る途中などは寝不足で倒れそうだったのが、文鳥の話をしたからなのか病院を出る時は大丈夫になってました。恐るべし文鳥力。

 2日ぶりに見たロクさんのほっぺにそばかすが増えているような気がしました。気のせい?

| | コメント (2)
|

語る

 文鳥友達に「わたしには文鳥がいないとだめなんだ!」と熱く語りました。端から見ると変な人たち。

| | コメント (0)
|

めめちゅんの様子

ロクさん 出産した姉の家に泊まりにいったりしているのですが、その間も気になるのはめめちゅんの健康状態。明日も泊まりに行き、帰ってくるのが病院に行く日の昼過ぎなのであまりじっくり観察できません。
 ちゃんと治ってくれるといいのですけどね。

 とりあえず今日は元気そうにしていました。

 写真は求愛ダンスをすロクさん。ピョコピョコ。

| | コメント (0)
|

もふり

ミミオさん ミミオさんのかわいらしいおちりです。

| | コメント (0)
|

おにぎり頭

ももさん おにぎり頭ももさんですよ。

| | コメント (0)
|

愛の歌を歌う

 ロクさん、ももさんに求愛するの巻。

| | コメント (0)
|

急接近♪

ロクもも 急に仲良くなったロクさんとももさんです。

| | コメント (2)
|

めめちゅん病院へ

めめちゅん めめちゅんを連れて病院へ行ってきました。相変わらず混んでいた上に大変そうな鳥さん(入院したようです)がいて、1時間半以上待ちましたよ。

 先生が落ち武者みたいになっててビビった(爆笑)。まぁ、らしいって感じですけどね。

 文鳥さんがなる病気はだいたい決まっているのだそうですよ。可能性のある病気に効く薬を投薬しようということで、めめちゅんは10日分のお薬をいただきました。
 この投薬で治るということなので一安心。いつも言われた通りにやったら治ってきたので大丈夫でしょう(治療方法が確立されているのでしょうね。心臓の疾患でなければという前提ですが)。

 次回はももさんもついでに健康診断の予約を入れました。あ、でもミミさんにすればよかったかな?ちょうど入院から半年だし。きっと当日変更しても大丈夫だろう。

 今回はヨウム人形の首を振らせることができなかったです。残念!!

| | コメント (4)
|

開口呼吸

ももさん 夜、めめちゅんが開口呼吸をしていました。
 飼い主が喉が痛いからって、一緒に具合悪くなるなよ〜(汗)。最近わたしと文鳥さんの体調とがシンクロしているようで恐ろしい。

 明日は病院ですね〜。

 写真はももさんとバオさん。

| | コメント (0)
|

生田緑地

 生田緑地の川崎市青少年科学館へプラネタリウムを観に行きました。

すずめすずめさんこんにちは。
「はいこんにちは」

すずめお食事ですか?
「そうよ。けっこうおいしいわよ」

すずめお友達もご一緒ですね。
「仲良しなのよ、わたしたち」

メガスターII Phoenix そしてこれが「メガスターII Phoenix」。
 上映中は無料貸し出しの双眼鏡を使って見ましたが、まぁ細かいこと。一人のチカラでこんなすごいもんが作れるんですねー。従来機とは星の細かさが全然違いました。
 プログラムは科学館の方の生解説で手作り感あふれてましたよ。

 上映が始まって気がついたのですが、そういえばわたしは暗くて狭いところは苦手だった(汗)。

母の塔 生田緑地内にある岡本太郎美術館の巨大オブジェ「母の塔」。恐い。

記念撮影場所 館内の記念撮影場所には太陽の塔が。穴から顔を出せます。

 緑地の野鳥の声をお楽しみください(鳥は映ってません)。

| | コメント (2)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »