« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

ふわふわ

ロクさん ふわふわの羽毛に包まれるロクさん。体に羽が生えているってどんな気分なんでしょうね。
 まだまだ換羽中です。
 時々止まり木から降りて丸くなっているので少し心配。

めめちゅん めめちゅんの頭がツンツンしてきました。

 最近「うさぎは本当に寂しいと死んでしまうのか」ということが気になっています。
 ウチのブンさん達の主治医はげっ歯類も診ているので聞いてみようかと考え中。でもきっとこの質問多いんだろうなぁ(笑)。臨床データが取れるかどうかも謎ですし。
 ともあれ、ペットには寂しい思いをさせたくないものですね。

| | コメント (2)
|

顔を洗うももさん

 しゃばしゃばと顔を洗うももさんです。

| | コメント (2)
|

可愛さそれぞれ

めめちゅん めめちゅんはけっこうパソコン好きです。

ももさん 眠そうなふっくらももさん。こんなに可愛くていいんでしょうか?

| | コメント (0)
|

遊ぼうよ!

ミミめめロクもも「ねえねえ、みんな遊ぼうよ〜。え〜、みんな換羽で疲れてるの?ちぇっ!」

| | コメント (2)
|

季節はめぐる

季節はめぐる 花はめぐる
君を迎えし日の桜はすでに散り行き
今は青葉を身にまとう

君のくちばしは朱に染まり
幼き羽を惜しげも無く脱ぎ捨てる

もう少しそのままでいてはくれないか
ヒナの時間はあまりに短すぎる
けれど時に抗うことのできる者はいない
君に流れる時は
私の時より遥かに早く過ぎ去っていく

いくつの春を君と迎えられるだろうか
君を手のひらに乗せながら
そのぬくもりを感じながら

めぐる季節の中で
君と出会った意味を考える
与え合い分かち合おう
すべての喜びと悲しみを

| | コメント (0)
|

黒ごま

ももさん 頭の黒ごまが素敵なももさんです。

 最近友達に「文鳥さん(←あだ名)って文鳥の中ビナに似てるね」と言われました。似てるかなぁ?

| | コメント (0)
|

お昼寝とストレッチ

ミミさん お昼寝をするミミさん。

ミミさん お昼寝の後、ストレッチをするミミさん。ほぼ謎の物体と化しています。

| | コメント (2)
|

悪の文鳥・ももさん

 ミミオさんにケンカを売り…。

 ロクさんにケンカを売り…。

 めめちゅん宅に不法侵入のうえ食料を強奪…。

 ももさん、きみは立派な悪の文鳥だ!!

| | コメント (6)
|

青菜の椅子

ロクさん 貧血のためミミさんと別居してから、何故か青菜の上に座ることが多いロクさんです。そんなに居心地がいいのでしょうか。冷えない?

 まだたくさん羽が抜けていてくちばしの色も薄いです。おひげ先生((C)かずちゃん)にどのくらいかかるか聞いておけばよかった…。まぁ「個体差がありますからね」と冷静に言われると思いますけど(笑)。

 ロクさんはすっかりプラケースが嫌いになったようで、見ると暴れますよ(汗)。

 そろそろめめちゅんの爪を切らないといけません。ああ恐怖の爪切り…。

| | コメント (2)
|

タカ型ロボット

 ITmediaより。
 増え過ぎた肥満バト、タカ型ロボットで撃退できるか

羽をばたばたさせて大声で鳴くタカ型ロボットを、リバプールの街の屋根に設置するのだそうです。
 記事中でも指摘されていますが、ハトはすぐにロボットに慣れてしまいそうな気がします…。鳥はけっこう賢いのですよ。

| | コメント (0)
|

しっぽ

ももさん ももさんのしっぽが可愛いことになってますv

 今朝のロクさんはくちばしの色がまた薄くなってました。一進一退です。体重は減ってないとはいえ少々心配。

ミミオさん 食べるより乾かすのが先だと思いますよ、ミミさん!

| | コメント (4)
|

にぎり!

ミミオさん
 ももさんが自ら進んで手の中に入って握られてくれました。ああ、なんて可愛いんだっ!!けれどエサ替えの時は手に脅えるので、どういう基準があるのかよく分かりません。文鳥って不思議…。

 ロクさんのくちばしの色は少し良くなったかなという感じ。今日は放鳥はお休みです。

 写真は柔軟体操中のミミさん。

| | コメント (0)
|

おでこのゴマ

ももさん ももさんはおでこにもポツポツと黒い部分が出てきました。
 桜文鳥のヒナ換羽はみすぼらしくなるのが特徴(?)ですが、まだ可愛さをキープしています。

 ロクさんはまだ貧血気味。体重が落ちていないのでこのまま様子見です。
 ロクさんのがうつったのか、珍しくわたしも少々貧血っぽいです。

めめちゅん 相変わらずのめめちゅんです。

| | コメント (0)
|

ミミオさんのあくび

 あくびをするミミオさんです。可愛い♪

ロクさん ロクさんはしんどそうなので夜放鳥はお休み。と言っても慣れないケージがまだ恐いらしく、暗くするとバサバサしてます。

 ブン友・あしゃこさんより「自分が愛情を注いでいるものは、自分を強くする代わりに、最大の弱点でもある」というお言葉をいただきました。
 でもそれは愛情を注ぐものを何も持たないよりは、ずっと幸せなことかもしれませんね。
 文鳥さん達をこれからも見守っていきたいと思います。

| | コメント (0)
|

お疲れロクさん

ロクさん まだお疲れ気味のロクさんです。母が新宿経由で外出するというのでネクトンバイオを買って来てもらいました。親のミミめめさんは換羽時にそんなにくちばしの色が悪くなるということがなかったのですが…。けっこう密かに抜けているからなぁ(部屋のあちこちに羽が飛んでます)。

ももさん もち!!

| | コメント (0)
|

ロクさんの換羽

ミミめめ 今朝ロクさんのくちばし色が悪かったので、換羽のせいかなと思いつつも動物病院に行ってきました。

 診察と健康診断で異常はなく、換羽とこのところの気温の変化が原因とのこと。薬も飲まなくて良いということでとりあえず安心です。でもめめロクさんは今日からしばらく別居することになりました。

 心配のあまり待合室で酸欠状態でしたので、ほっとした途端に疲れました(笑)。

 最近文鳥の状態に少し神経質になっているのかなという気も少しします。
 ロクさんを病院へ連れて行くという判断は正しかったのかしら?まぁ、病気でないと分かれば安心できるのですが…。なまじ病院が近いから行ってしまうんでしょうねー(鳥飼いにとっては贅沢な環境と言えますな)。わたし自身は病院へ行けと言われても行かないことがあるというのに(爆)。

 ロクさんの健康診断をしたので、めめさんはももさんと一緒に夏に受けさせることにしよう。

 写真はミミさんのモチの裏側です。

| | コメント (0)
|

ヅラじゃないよ!

ももさん「僕の頭はヅラじゃないよ!」と主張するももさん。

ミミオさん びんの蓋で もふっ。

| | コメント (0)
|

ヅラが!!

ももさん ももさん、ヅラ!ずれてるよ!!

| | コメント (2)
|

髪型が変わりました

ももさん ももさんの髪型が七三になっていました!しかもとってもズラっぽい!ああもう大笑いです。

| | コメント (2)
|

指導

ロクさん「ももまる、こうするんだ」

ももさん「こうですか?」


 もぐもぐももさんです。

| | コメント (2)
|

ラブリィ

ももさん とってもラブリィなももさんです。

| | コメント (0)
|

ミミオさん気をつけて!!

ミミオさん 後ろからエレキングが狙っているよ!!

| | コメント (3)
|

ミミオさんのがんばり

ミミオさん ミミさんは入院中とてもがんばってくれたんだなぁと、改めて思います。
 病院の先生が「大丈夫」と言ってくれたので治療自体に不安はなかったのですが、体力の問題もあるでしょうし、本当によくがんばってくれました。
 入院中はミミさんを辛い目に遭わせてしまったということが一番辛かったです。

 最近ビビらせ用のブランコにもすっかり慣れてしまったので(あのミミさんにいつの間にそんな度胸が)、いっそのことCDでも吊ろうかと…。ああでもそんなことをしたら他のブンさんたちもビビるどころかパニックに(汗)。

 少しトヤってきたようですが、ふかふかな感じはあまり変わりません。羽深い((C)るんるんさん)のでしょうか…?

| | コメント (4)
|

いちゃいちゃ

めめロク 親子でいちゃついてます。チュッ!チュッ!(オス同士)

| | コメント (0)
|

かわいいももさん

 ももさんは一生懸命新しい環境に慣れようと努力してくれています。今日は指から直接エサを食べてくれました!
 まだ心細いかもしれないけど、ウチに来て良かったと思ってくれるようになってほしいです。

 友達の文鳥さんが今朝、病院で容態が急変して落ちたそうです。こういうお知らせは悲しいですね、とても。
 文鳥さんの里親さんもわたしの友達なので、その悲しみを思うと辛いです。

 2ちゃんねるに動物虐待の動画を投稿していた人が逮捕されたそうですが、動物の命は小さくても大切な命です。そんな当たり前のことが分からない人がいるというのがショックです。
 2chフェレット虐待事件

| | コメント (5)
|

初もち!!

ももさん ももさんが初めて手の上でもちになってくれました!!嬉しい〜♪
 不器用に水浴びをするところも見られたので満足です。

 後頭部の黒いところも昨日より増えました。この時期は成長するのが早いですね。

 友人の文鳥さんは今日、無事退院するそうです。
 困った時に思い出してくれるというのは嬉しいですね。もっともわたしは鳥に関しては素人ですので、分からないことは分からないと言ってしまいますけれど(憶測でものを言って何かあったら困りますから)。

| | コメント (2)
|

動物病院あれこれ

ミミオさん 友達から文鳥さんが卵詰まりで病院にお世話になったという電話をもらいました。一旦帰宅して、その後あまり容態が芳しくないそうなので再度病院へ行くことを勧めました。
 文鳥さんは入院したそうです。

 話を聞くと、病院では文鳥さんを安静にさせるための細かな指導がなかったようで…。飼い主は動揺しているのだし、みんながベテランというわけではないので、そういうときこそちゃんと指導してもらいたいものですよ。

 ところで卵詰まりの治療費が1万5000円だったと聞いて、思わず「高っ!」と言ってしまいました。
 ミミさんのときはそんなに払ってないぞ(正確な金額は忘れましたが、だいたい財布に1万円以上は入ってないので(爆))。

 ウチのブンさんのかかりつけの病院が開院したのはトトミミさんを飼い始めてから1年後くらいでしたが、近くに良い病院ができたのは本当にラッキーだったなぁと思いますよ。

| | コメント (0)
|

久しぶりに

ももさん 久しぶりにトトさんのことを思って泣いてみたり。『餅文鳥迷詩選』ではないですが、ただそこにいないということは寂しいものですね。いや、気配は時々感じるのですけれど。
 我慢する人もけっこういますけど個人的には泣くのは良いことだと思います。

 目を離した隙にももさんが水浴びをしていました!ガーン、見たかった!湿ったももさんがあまりに素敵すぎて悶絶。

| | コメント (4)
|

後頭部

ももさん 後頭部の黒い部分が少し増えました。

ミミオさん もはっ!!

| | コメント (2)
|

卵の幻想

文鳥よ
そなたは何故孵らぬ卵を産むのか
自らの身を削ることが愛の証なのか

ならば私はそなたの愛はいらぬ
けれどそなたへ変わらぬ愛を捧げ続けよう

さあ、この指でくちばしをふいておくれ
ただそれだけで私は幸福なのだ

この目が盲いてもそなたの声は聞こえる
すべての音を無くしてもそなたに触れることができる
そなた自身が愛の証なのだ

| | コメント (0)
|

初ぐぜり

ももさん ももさんがぐぜりました。元親さんのお家では一度ぐぜっていたそうですが、ウチでは初ぐぜり。男の子決定!でいいのかな?さえずるメスもいますからね〜(汗)。
 正式名は「ももまる」です。

| | コメント (0)
|

育ち盛り

ももさん 育ち盛りで食欲旺盛なももさん。デジカメを怖がるので望遠で撮影してます。早く慣れてね。
 今日は手に乗ってもらえるようにエサで釣ってみました。つんつんと指をつついて、時間をかけながらそっと乗ってくれましたよ。

ミミオさん 網の上にモチがひとつ…。もふもふ。

| | コメント (4)
|

国立科学博物館 花 FLOWER 〜太古の花から青いバラまで〜

花 上野の国立科学博物館へ行ってきました。
 特別展は「花 FLOWER 〜太古の花から青いバラまで〜」。なかなか面白かったです。
 ヒマラヤの芥子の花は赤の遺伝子を持っているのに、なぜか青い花が咲くというのが興味深かったです。一緒に行った友人と「きっとすごく効くクスリができるに違いない」とアホな話で盛り上がってしまいました。他には青いバラはどう見ても紫だよな〜と思ったり。遺伝子操作というのはたいしたものです。オーストラリアの花はなぜか馴染みがあるので(笑)本物を見ることができて良かったです。
 しかし植物というのはいいですね。一軒家にでも住んでいたら庭に花でも植えたいところです。
 ちなみに第一会場は写真撮影可です。

ペンギン そして常設展には特別展よりさらにぐっと来るものが!!ラヴ!鳥類ラヴ!色々な野鳥の剥製がありましたよ。ああ、剥製でも鳥は素敵です…。
 鳥類、哺乳類、魚類などなどたくさんの展示があって常設展も面白かったです。科学博物館だけで一日中楽しく遊べそうですよ。

リュウキュウメジロ 博物館のレストランで友人とお茶を飲みながら世田谷談義。友人は世田谷出身、わたしも中学の時から世田谷に住んでいるのですが、今は別のところに住んでいます。そして二人とも世田谷に戻ることを密かに画策中(笑)。
 世田谷はこだわりのある人がこだわりのある店を利用していて、それで活気があるところがいいんですよね。わたしも一度他の区に住んだことがありますが、結局また世田谷へ戻ってしまいました。
 今は実家ですが、また一人暮らしをする時は上町がいいですね〜。自転車で中央図書館に行けるし、おいしいドイツパンの店はあるし、鳥の病院も近いし。人と文鳥にやさしい環境を、です(笑)。

| | コメント (2)
|

ももさん健康診断

ももさん ももさんの健康診断に行ってきました〜。
 問題もなく、さすが里子は違うぜ!!という感じでした。ヘリコバクター菌(螺旋菌)というのがいましたが、それも特に心配するようなものではないそうで安心。
 ヘリコバクターと言えばピロリ菌が有名ですが、鳥もそのうが痛くなったりするんですかねー(さすがにこんなアホな質問はしませんでしたよ!<進歩)。

 先生に「文鳥は飼いやすくていいですよねー」と褒められた(?)ので、文鳥ファンとしては嬉しいかぎりです。

 次に健康診断に行く頃には、ももさんはヒナ換羽が終わってすっかり別鳥ですね♪
 ウチの能天気親子(めめロク)の健康診断には5月か6月くらいに行く予定ですが、きっと異常はないでしょう(笑)。

 文鳥さんたちが健康でいてくれるって幸せですねぇ。わたしも健康には気をつけようっと。

| | コメント (0)
|

ペン立て

ペン立て 陶芸用粘土で文鳥さんペン立てを作りました。喉の部分がちょっとうまくいかなかったのですが(この角度では分かりませんね)、けっこう可愛くできました。贈り物用です。

| | コメント (0)
|

ヒナ祭り!!

ももさん 本日ヒナさんがやってまいりました!!

 ヒナさんのプロフィール
 名前:もも
 生年月日:2007年2月1日
 性別:オスらしい?
 出身地:埼玉県
 匂い:鳥くさい

 長旅を終えてお疲れ気味のももさん。

ももさん 後頭部はヒナ換羽で少し黒くなっています。

ももさん だいぶお疲れのようで、うとうとしていました。

ミミロクもも ももさんが気になるロクさん。

 というわけで文鳥堂はミミめめロクももの4羽になりました!!ももさんをよろしくお願いします!!

| | コメント (4)
|

挙動不審

 なぜかキョドっているロクさんです。

| | コメント (0)
|

ヒナ祭り前夜祭

ヒナさんたち なんと!明日!ウチに!桜文鳥の中ビナがやってまいります!!!!
 縁あってゆずっていただくことになりました♪
 さっそく健康診断の予約もしちゃいましたよ☆
 鳥の種類をこちらが言う前に「文鳥ですか?」と聞かれました。何で分かったんだ!?

 ああ〜、どんな素敵な匂いがするのでしょう。ミミめめ一家は無臭なのでとても楽しみです。フガー。
 いや、あまり吸引して嫌われないようにしなくては(汗)。

 雌雄はまだ分からないそうですが、メスならロクさんのお嫁さん、オスならべたべたの握りにしたいと思います。

 写真は2月17日のヒナさんです。

| | コメント (5)
|

ブランコを入れてみた

ミミオさん 突如現れたケージ上方の謎物体(ブランコ)にビビって細くなるミミオさんです。

| | コメント (2)
|

歩くガーコちゃん

 歩くガーコちゃんをお楽しみください。クワッ!クワッ!

ガーコちゃん この後、犬を連れた人がガーコちゃんに近づいたので川に逃げてしまいました。肉食動物を近づけるなんて!ヽ(`Д´)ノ

 ちなみにもう一羽のガーコちゃんはずっと川の中にいました(※ガーコちゃんは2羽一組でガーコちゃんと呼ばれています)。

| | コメント (2)
|

ポポポがっ!!

2007_0402 夕方放鳥をしたらミミさんがポポポに…。ガーン!!卵は産まないで〜!!
 うーん、使ってないブランコがあるので明日にでも入れてみるか。きっとバタバタ暴れるんだろうなぁ。

 最近ミミさんは朝は腹を触られるものと観念しているようで、おとなしく触らせてくれるようになりました。

羽繕い中、物音にビクっとするミミオさんをお楽しみください。

| | コメント (4)
|

四月一日

ミミオさん 今日は祖父の命日ですが(本当)、わたしが生まれる前に祖父は小鳥屋をやっており(これも本当)、その血がわたしにも受け継がれているっぽいです。とはいえ祖父はずっと鳥を飼ってましたが、祖父の生前にはわたしはそんなに鳥に興味を持ってなかったのですけどね(つか、文鳥やカナリヤみたいな可愛い小鳥ならともかく金鶏とか飼ってましたから)。

 写真は美文鳥ミミオさん。今日も素敵です♪

| | コメント (0)
|

ウチの文鳥さんたちを円グラフで表す

 「BroadBandうおっち」で採用された「べつやくメソッド(ex.DPZ)」を小部屋でも取り入れてみました。

ミミオさん円グラフ ミミオさんの円グラフ。ミミさんは非情に素敵度が高いです。次いで高いのが卵の問題ですが、換羽時期に入れば少し減るかと思われます。

めめちゅん円グラフ めめちゅん円グラフ。総合するとおちゃめな感じでしょうか。

ロクさん円グラフ ロクさん円グラフ。能天気度が高いのはお歌の影響によると思われます。

| | コメント (0)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »