« 愛の挨拶 | トップページ | 粟穂大好き »

変わらない朝

一家団欒+1 いつもの朝と変わらずトトミミめめロクさんを放鳥。これってとっても幸せなことなんだな、と思います。

 昨日亡くなった文鳥さんと、その飼い主さんのことを思うと胸が痛みます。

 そして飼い主さんの目をしっかり見て色々説明してくれた獣医さん。すごいなと思いました。

|
|

« 愛の挨拶 | トップページ | 粟穂大好き »

コメント

変わらない朝・・本当に。。
元気で飛び回っているのが当たり前のように
つい感じていますが、とても幸せなことなのですね。

小鳥ってあっけなく逝ってしまうことが多いですよね。
昨日まであんなに元気だったのに・・って。
なんだか現実が信じられなくて・・。
文鳥さんがお星様になったお話を聞くたびに
飼い主さんの気持ちがすごく解るから
とってもとっても辛いです。
どうぞ安らかに。。。

投稿: 彩びん | 2006年5月 7日 (日) 17時49分

「手乗り文鳥」って飼い主さんの愛情がなければ成立しなくて、存在そのものが愛情のかたまりみたいなものですから、やっぱり訃報を聞くとつらいですね…。
今は文鳥さんのご冥福と飼い主さんのショックが少しでも和らいでくれるよう祈るのみです。

投稿: 文鳥堂 | 2006年5月 7日 (日) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24461/9939376

この記事へのトラックバック一覧です: 変わらない朝:

« 愛の挨拶 | トップページ | 粟穂大好き »